HOME > 健診案内 > 〔4〕健康管理室以外 

〔4〕健康管理室・契約健診機関以外

健診費用の補助が受けられます。
近くに健康管理室契約健診機関がないとき等、ご利用ください。

健診項目 (平成27年4月1日受診分より)


種別 必須検査項目 補助対象 限度額 費用補助(率)
限度額

定期健診(A)
(40歳以上は特定健診含む)
及び、取得時健診
(労働安全衛生規則
第44条による)
問診、身体測定、視力、
血圧、検尿、胸部X線、
肝機能、貧血、血中脂質、
血糖、心電図、聴力
腹囲(40歳以上)
 
9,000円まで
(追加オプション
は自己負担)
9,000円(税込)までの
80%補助
7,200円
(組合補助上限額)
定期健診(B) 問診、身体測定、視力、
血圧、検尿、胸部X線
5,000円まで
(追加オプション
は自己負担)
5,000円(税込)までの
80%補助
4,000円
(組合補助上限額)


35


生活習慣病
予防健診
(成人病健診)
(40歳以上は特定健診含む)
問診、身体測定、腹囲、視力、

血圧、検尿、胸部X線、
胃十二指腸部X線
肝機能、貧血、血中脂質、
腎機能、糖代謝、心電図、
聴力
20,000円まで
(追加オプション
は自己負担)
20,000円(税込)までの
80%補助
16,000円
(組合補助上限額)
婦人科健診
 婦人科
子宮癌健診

乳癌健診
(触診又はエコー、マンモ)

各3,000円
3,000円までの
90%補助
各 2,700円
(組合補助上限額)
1泊人間ドック 健康保険組合連合会の
契約機関
契約検査項目
に限る
 詳細 → 契約健診機関
以外でのドック健診
 
健保連契約料金 契約健診料金に拘わらず
一律20,000円を補助
総合健診
(日帰りドック)
契約健診料金に拘わらず
一律20,000円を補助

◆健診項目 (平成27年3月31日受診分まで)


種別 必須検査項目 補助対象 限度額 費用補助(率)
限度額

定期健診(A)
(40歳以上は特定健診含む)
及び、取得時健診
(労働安全衛生規則
第44条による)
問診、身体測定、視力、
血圧、検尿、胸部X線、聴力
肝機能、貧血、血中脂質、
血糖、心電図
 
9,000円
90%
8,100円
(扶養者負担は400円〜
定期健診(B) 問診、身体測定、視力、
血圧、検尿、胸部X線

5,000円
90%
4,500円
インフルエンザ
予防接種
インフルエンザ
1,000円
1年度に1回
1,000円

35


生活習慣病
予防健診
(成人病健診)
(40歳以上は特定健診含む)
問診、身体測定、視力、
血圧、検尿、胸部X線、聴力、
肝機能、貧血、血中脂質、
腎機能、糖代謝、心電図、
胃十二指腸部X線

20,000円
90%
18,000円
(扶養者負担は1,000円〜
婦人科健診
 婦人科
子宮癌健診

乳癌健診(触診又はエコー)

各3,000円
90%
各 2,700円
1泊人間ドック 健康保険組合連合会の
契約機関
契約検査項目
に限る
 詳細 → 契約健診機関
以外でのドック健診
 

62,600円
60%
37,560円
総合健診
(半日ドック)

47,000円
70%
32,900円


※ 年度内35歳以上になられる方が対象です

・定期健診(A) の必須検査項目のアンダ−ライン検査
  何れかが実施されていない場合は定期健診(B) 、
  また生活習慣病予防健診でアンダ−ライン検査
  実施されていない場合は定期健診(A) を適用します。
・定期健診(A)(B)、生活習慣病予防健診、婦人科健診で
  標準料金を超えた場合の補助額は、費用補助限度額となります。
・標準料金に満たない場合の補助額は、実費に費用補助率を
  乗じた額となります。
・補助額の算出に当たり10円未満の端数が生じた場合は、
  これを切捨ていたします。
・消費税分は受診者負担となります。
・上記種別の健診については、1年度に1回だけの補助しか
  いたしません。
・再(精)検の全額自費支払いした場合の費用補助は、
  保険点数により換算した額とします。
・消費税分は受診者負担とします。
契約健診機関契約健診機関以外でのドック健診
  オプションで婦人科健診(婦人科健診)を受けた時も、補助金請求ができます。
◇利用者の範囲
利用者区分 詳細
被保険者 健康保険の本人として保険証を持っている方
被扶養者 健康保険の家族として保険証を持っている方

◆請求方法(健診の疾病予防補助金請求の場合

1. 健診受診後、疾病予防補助金請求書(A4・2枚複写)に記入・捺印。
事業所名義の口座番号と、事業主印が必要。
2. その請求書に以下の書類を添付
・実施医療機関の領収書(写し可)
請求内訳書(写し可)
検査結果一覧表又は個人票(写し可)
特定健診該当者(40歳〜74歳)の方は
問診票(写し可)


※重要※
・検査結果用紙には、必ず健保記号番号を
ご記入ください。
・特定健診該当者(40〜74歳)の方は
必ず問診票(写し可)を添付してください

疾病予防補助金請求書の見本
3. 検査実施後3ヵ月以内に、当組合へ郵送する
4. 補助金が振込されます。窓口受け取りはできません。
※補助は年度に1回です。
振込先のご確認をお願いします。

◆請求方法(インフルエンザ予防接種補助の場合

  インフルエンザ予防接種補助について  

1. 接種後、インフルエンザ予防接種補助金請求書(A4・2枚複写)に記入・捺印。
※複写になっておりますのでHPには掲載しておりません。
 必要な際は保健事業課までお問い合わせください。
 TEL:06-6765-9212
※事業所単位でまとめて請求してください。
  個人単位での請求はできません。(任意継続の方は除く)
事業所名義の口座番号と、事業主印が必要。
2. その請求書に以下2点を添付
 ・実施医療機関の領収書(写し可)
 
 ・接種者の名簿(写し可)
※重要※
接種者名簿には、
必ず健保記号番号を
ご記入ください。

インフルエンザ予防接種補助金請求書の見本
3. 検査実施後3ヵ月以内に、当組合へ郵送する
※(季節型は受診日、10月〜2月の分に限ります。)
※年度1回の補助
4. 補助金が振込されます。窓口受け取りはできません。
※振込先のご確認をお願いします。


HOME
> 健診案内 > 〔4〕健康管理室以外TOP

   Copyright (c) 2005 関西文紙情報産業健康保険組合 All rights reserved.