HOME > 個人情報保護方針 > 5.レセプト点検事業


個人情報保護方針


◆1 個人情報保護への取り組みについて
◆2 個人情報保護に関する基本方針(プライバシーポリシー)
◆3 健保組合等の通常の業務で想定される主な利用目的
◆4 関西文紙情報産業健康保険組合が保有する
個人情報の利用目的の公表
関西文紙情報産業健康保険組合並びに健康保険組合連合会大阪連合会が
共同で実施する
レセプト点検事業の公表
◆6 関西文紙情報産業健康保険組合及び健康保険組合連合会が
共同で実施する
高額医療給付に関する交付金交付事業の公表

◆5 関西文紙情報産業健康保険組合並びに健康保険組合連合会大阪連合会が
共同で実施する
レセプト点検事業の公表
 個人情報保護法においては、個人情報を第三者に提供する場合、原則として本人の同意が必要となります。ただし、
1 委託先への提供
2 合併等に伴う提供
3 グループによる共同利用
― については、法律上、第三者提供に当たらないこととなっています。関西文紙情報産業健康保険組合(以下「当組合」という。)では、診療報酬明細書(以下「レセプト」という。)点検事業について、健康保険組合連合会大阪連合会と共同実施しております。

 それに伴い法律で求められている
1 共同利用する旨
2 共同利用する個人データ項目
3 共同利用する者の範囲
4 共同利用する者の利用目的
5 個人データ管理責任者名もしくは名称
― について、次のように公表いたします。
健康保険組合連合会大阪連合会とのレセプト点検事業の共同実施について
 当組合では、健康保険組合連合会大阪連合会と共同し、専門のレセプト点検指導員を設置します。レセプト点検を委託するほか、当組合職員の知識・技術向上のためレセプト点検事務講習会などを実施します。

共同利用するデータ項目について
 レセプトに記載された、個人の診療情報に類するすべてのデータです。
1 氏名
2 性別
3 生年月日
4 被保険者証の記号番号
5 傷病名
6 医療機関の所在地及び名称(医師名)
7 投薬や処置など診療の内容・医療費の内訳額・・・等

レセプトデータを共同利用する者の範囲について
関西文紙情報産業健康保険組合
業務部給付課 課員3名
共同設置のレセプト点検指導員 1名

レセプトデータを共同利用する者の利用目的について
 健保組合では、皆さんの大切な保険料を適正に用いるため、医療機関からの請求書であるレセプトを点検したうえで支払いを行っています。

 しかしながら、レセプトの点検には、専門的な知識が必要であり、また、その習熟には長い時間を要することから、当組合と健康保険組合連合会大阪連合会とで共同して専門のレセプト点検指導員を設置し、効率的なレセプト点検を実施し、適正な医療費の支払いを目指します。

レセプトデータの管理責任者名について
 レセプトデータの管理責任者は、関西文紙情報産業健康保険組合の業務部長と、健康保険組合連合会大阪連合会の事務局長です。

関連 / 健康保険組合連合会 大阪連合会

HOME > ページTOP

   Copyright (c) 2005 関西文紙情報産業健康保険組合 All rights reserved.