HOME > こんなときどうする? > 診療報酬明細書等の開示手続きについて

10.診療報酬明細書等の開示手続きのご案内


◆ 概要

  診療報酬明細書、調剤報酬明細書及び訪問看護療養費明細書(老人医療に係るものを除く。以下「レセプト」という。)を開示します。
  レセプト(診療報酬明細書の場合)は、受診した日数、病名、検査や投薬など具体的な診療行為を知ることができ、過去5年間のレセプトが対象となります。

◆ 開示請求ができる方

◇ 被保険者等
被保険者または被扶養者本人(被保険者であった者及び被扶養者であった者を含む。以下「被保険者」という。)
被保険者が未成年者又は成年被後見人である場合における法定代理人
被保険者本人が開示請求をすることにつき委任をした代理人(任意代理人)
◇ 遺族等
被保険者が死亡している場合にあって、当該被保険者の父母、配偶者若しくは子又はこれらに準ずる者(以下「遺族」という。)
遺族が未成年者又は成年被後見人である場合における法定代理人
遺族がレセプトの開示依頼をすることにつき委任をした代理人(任意代理人)

◆ 開示の手続き方法

  レセプトを閲覧するには、プライバシーの保護のため一定の手続きが必要です。
  レセプト開示についての照会及び手続きについては、健康保険組合
給付課までお問い合わせください。

◆ 開示手数料

無料です。

◆ 開示されるまでの期間

医療機関等へ、開示了承の同意を取りますので、約1ヶ月程度かかります。

◆ 開示できない場合

医療機関等から開示の同意が得られない場合は、開示ができなかったり、部分的な開示となる場合があります。

HOME > こんなときどうする? > ページTOP

   Copyright (c) 2005 関西文紙情報産業健康保険組合 All rights reserved.