HOME > こんなときどうする? > ほか

9.保険給付の時効

 ○保険給付の申請はお早めに

 保険給付の消滅時効は2年となっています。保険給付が支給されるためには、申請が必要です。
 保険給付に関する時効は次のとおりで、その日が過ぎると給付を受ける権利を失います。
傷病手当金 / 出産手当金 就労不能になった日ごとにその翌日から2年
出産育児一時金・
家族出産育児一時金
出産した翌日から2年
埋葬料・家族埋葬料 死亡した日の翌日から2年
療養費 患者が代金を支払った日の翌日から2年
高額療養費 診療月の翌月の1日(ただし診療費の自己負担分を診療月の翌月以降に支払ったときは、支払った日の翌日)から2年

HOME > こんなときどうする? > ページTOP

   Copyright (c) 2005 関西文紙情報産業健康保険組合 All rights reserved.