HOME > こんなときどうする? > 退職したとき

6.退職したとき

6−1.会社を退職した
6−2.今の健康保険を続けたい
6−3.健康保険の喪失証明がほしい
6−4.退職後も受けられる給付

    ◆任意継続被保険者制度
(c)すなさんの季節の花だより

6−1.会社を退職した
いつまでに 退職したときから5日以内
なにを 1 保険証
(扶養家族があるときはその保険証)
どこに 会社に返却
注意 我が国の医療保険は国民皆保険となっていますので、会社を退職したら必ず次のいずれかに加入しましょう。
【1】 国民健康保険に加入するとき
退職の翌日から14日以内に居住地の市区町村で手続きを行ってください。
【2】 家族が加入している健康保険の被扶養者になるとき
加入している人によって主として生計を維持されていることや、年間収入の限度などの条件にあてはまることが必要です。詳しくは加入先の健康保険でお尋ねください。
【3】 任意継続健康保険に加入するとき
任意継続被保険者制度の詳細はこちら

関連 / 2−2.結婚した


6−2.今の健康保険を続けたい
いつまでに 退職の翌日より20日以内
なにを 1 任意継続被保険者資格取得申出書
(A4)
(2) 住民票か運転免許証の写
どこに 本人が健康保険組合に持参か郵送
注意 ・退職の翌日より20日以内に届けてください。
任意継続被保険者制度の詳細はこちら
・引き続き扶養家族のある方は資格取得申出書
の被扶養者欄にご記入いただき、
必要な添付書類を併せてご提出ください。

6−3健康保険の喪失証明書がほしい
対象者 被保険者または被扶養者
いつまでに 随時
どこに 書面(「健康保険証明書」申請書)で
健康保険組合に提出
注意 他の保険制度に加入するために必要な人に送付します

6−4.退職後も受けられる給付
退職すると被保険者の資格を失い、健康保険の給付を受けられなくなりますが、退職前に継続して1年以上被保険者だった人については、退職したあとも、傷病手当金や退職後一定期間内の出産、死亡に対して保険給付が受けられる場合があります。ただし、付加給付は対象にはなりません。
【傷病手当金を受けている場合】
傷病手当金
<本人のみ>
退職するときに傷病手当金を受けていた人が退職した場合、その病気やけがの療養のために引きつづき働けないとき、傷病手当金の支給が始まった日から1年6ヵ月間を限度に、引きつづき受けることができます。
※老齢厚生年金等を受給している場合は、傷病手当金は支給されません。ただし、年金等の額が傷病手当金の額を下回るときは、その差額を受けることができます。
【出産または死亡した場合】
出産手当金・
出産育児
一時金
<本人のみ>
退職時に出産手当金を受けている場合は、資格喪失後も継続して受けられます。
退職時に受けている場合とは、出産日または出産予定日前42日の初日が退職日以前にかかっていることが条件となります。また退職後6ヵ月以内に出産したとき、出産育児一時金を受けることができます。
埋葬料(費)
<本人のみ>
被保険者であった人が、
(1) 退職後3ヵ月以内に死亡したとき
(1年以上の被保険者期間は必要なし)
(2) 傷病手当金または出産手当金の支給を受けている人が死亡したとき
(3) 傷病手当金または出産手当金の支給を受けている人がその給付を受けなくなってから3カ月以内に死亡したとき
埋葬料(費)が支給されます。

◆任意継続被保険者制度

 会社を退職して健康保険の資格を喪失した人が、希望して手続きをすると新しい保険証が交付され、最大で2年間被保険者となることができます。健康保険で規定されている保険給付等も引き続き受けられます
(ただし、出産手当金・傷病手当金は支給されません)。
手続きについては法律上の制約もありますので、よく確認して行ってください。
お問い合わせ
関西文紙情報産業健康保険組合 適用課 
電話:06-6765-9212
加入資格 2ヵ月以上被保険者期間があり、退職の翌日から20日以内に届け出を行った人
手続き方法 【健康保険組合の窓口で行う場合】
本人が印鑑・保険料・住民票(または運転免許証の写)を持参してください。
【郵送による場合】
「任意継続被保険者資格取得申出書」を資格喪失日より20日以内に、健康保険組合に必ず届く方法で送付してください。
保険料月額 退職時の標準報酬月額と、健康保険組合の平均標準報酬月額(340,000円)を比較して、いずれか低い方で計算され、事業主負担分がありませんので全額本人負担となります。保険料は年4%の利率による前納割引制度があります。

平成29年度の保険料については、、40歳以上65歳未満の人の上限額は1ヵ月あたり39,882円、それ以外の年齢の人の上限額は34,000円となっています。
保険料の
納付方法と
納付期限
【1】毎月納付 1日から10日までの間に納付
【2】半年
  一括納付(前納)
原則として3月末日と9月末日
【3】1年
  一括納付(前納)
3月末日
 が選べます。

・自動振替による納付はできません
・所定の納付書によって決められた納付期限までに最寄りの金融機関より納めてください
・郵便局は取り扱いできません
資格喪失事由 次のいずれかに該当すると資格がなくなります。
【1】被保険者となった日から起算して
   2年を経過したとき
【2】被保険者が死亡したとき
【3】保険料を納付期限までに納付しなかったとき
【4】被保険者(健康保険・共済組合)となったとき
【5】船員保険の被保険者となったとき
【6】後期高齢者医療の被保険者等になったとき
※【4】から【6】の場合は任意継続被保険者資格喪失
申出書の提出が必要です。

HOME > こんなときどうする? > ページTOP

   Copyright (c) 2005 関西文紙情報産業健康保険組合 All rights reserved.