HOME > こんなときどうする? > 1.病気・ケガ > 1−9.特定疾病をうけるとき

1.病気・ケガをしたとき

1−10.特定疾病(人工透析など)をうけるとき
 慢性腎不全による人工透析や血友病のように、高額で治療に要する期間が著しく長く、かつ継続して治療を行うことを必要とする病気については、国により「特定疾病」として認定され、医療機関に支払う自己負担額は1ヵ月10,000円、人工透析を要する上位所得者は20,000円でよいことになっています。

※対象となる特定疾病(厚生労働大臣が定めた疾病)
    1.人工透析を受けている慢性腎不全
    2.血友病
    3.後天性免疫不全症候群(HIV感染者を含む)
提出して
いただくもの
1. 特定疾病療養受療証交付申請書
医師の証明・捺印が必要
注意 2. 月末までの健保組合受付分が当月適用になるので、特定疾病により治療を受けることになった場合は速やかに申請書をご提出ください。

HOME > こんなときどうする? > 1.病気・ケガ > ページTOP

   Copyright (c) 2005 関西文紙情報産業健康保険組合 All rights reserved.