HOME > こんなときどうする? > 1.病気・ケガ > 1−4.医療費の支払いに困った

1.病気・ケガをしたとき

1−5.医療費の支払いに困るとき
○高額医療費資金の貸付制度
 医療費が高額になった場合に、医療機関に自己負担額を
支払ってから高額療養費の支給を受けるまでの間、家計の
やりくりが大変です。
 そこで高額療養費が支給されるまでの間、医療機関への
支払いにあてていただくため、当組合では貸付制度を実施
しています。
貸付
対象者
当組合の被保険者であって、組合から高額療養費の支給を受ける見込みがあり、かつ、その高額療養費の支給の対象となる月分にかかる療養に要する費用について医療機関から請求を受けた、またはその費用を支払った方
貸付額 高額療養費相当額の80%
1000円未満の端数金額は切り捨てた額
貸付金の
返済
申込者が申込書に指定した銀行口座に貸付金が振込まれます。当組合が支給する高額療養費を充当して返済していただくことになります
提出して
いただくもの
1 高額医養費資金貸付申込書、
高額療養費支給申請書、委任状
2 医療機関等が発行した療養に要した費用の内訳のある請求書または領収書
備考 貸付金は無利子、手数料は不要です

HOME > こんなときどうする? > 1.病気・ケガ > ページTOP

   Copyright (c) 2005 関西文紙情報産業健康保険組合 All rights reserved.