HOME > こんなときどうする? > 1.病気・ケガ > 1−2.入院したときの食事代

1.病気・ケガをしたとき

1−2.入院したときの食事代
 入院した時の食事代は、下の表にあるように、1食につき定められた金額を患者本人が自己負担することになります。これは被保険者、被扶養者とも同額です。

 入院時の食事代が、1食につき定められた金額を超えた場合、超えた分については入院時食事療養費として健保組合が病院へ支払います。
区分 標準負担額
(1食につき)
一般 360円
低所得者
※市町村民税    
  非課税者      
90日目までの入院 210円
91日目以降の入院 160円
・食事代の標準負担額は高額療養費の対象とはなりません。

※ 65歳以上の人が療養病床に入院したとき食費・居住費を負担します。

65歳以上の人が療養病床(慢性病の人が長期入院する病床)に入院したとき、所得に応じて食費(食材料費+調理費)と居住費(高熱水費相当額)を生活療養標準負担額として負担することになります。

〔生活療養標準負担額〕(食費相当額) + (光熱水費相当額)

区分

食費(1食に付き)

区分

平成299月まで

平成2910月から

居住費(1日につき)

居住費(1日につき)

一般

460円(※420円)

医療区分I

(U・V以外の方)

320

370

低所得者U

210

医療区分U・V

(医療の必要性の高い方)

0

200

低所得者T

130

 

指定難病患者

0


       
低所得者Uとは その属する世帯の世帯主及び世帯員全員が市町村民税非課税である方。
低所得者Tとは その属する世帯の世帯主及び世帯員全員が市町村民税非課税であって、年金収入が80万円以下の場合。
     ※ 医療機関によって1食420円になります。


       

HOME > こんなときどうする? > 1.病気・ケガ > ページTOP

   Copyright (c) 2005 関西文紙情報産業健康保険組合 All rights reserved.