HOME > こんなときどうする? > 1.病気・ケガ > 1−1.病気やケガをした

1.病気・ケガをしたとき

1−1.病気やケガをしたとき

健康保険を扱っている病院・診療所(保険医療機関)に保険証を提示すれば、以下の一部負担金を支払うだけで、診療・薬の支給・手術・入院等の医療が受けられます。(療養の給付)

※75歳以上の方及び65歳以上で寝たきりの障害者の方は、 「後期高齢者医療制度」に該当します。
〔一部負担金〕
区分 負担割合
 70歳以上75歳未満  現役並み所得者  3割

 一     般     2割 注1
義務教育就学後〜70歳未満          3割
義務教育就学前          2割
注1
平成204月から継続されていた7074歳の方の窓口負担の軽減特例措置は、平成26年4月から新たに70歳になる方から段階的に見直され2割になります。ただし、平成26年3月31日以前に70歳に達している方は、引続き特例措置の対象で75歳到達まで1割のまま据え置かれます。
現役並み所得者とは、70歳以上の被保険者で診療月の標準報酬月額が、28万円以上の人と、その被扶養者で70歳以上の人をいいます。ただし、標準報酬月額が28万円以上でも、前年の被保険者と被扶養者の合計年収が520万円(1人世帯の場合は383万円)未満であるときは、申請より2割負担になる場合があります。

義務教育就学後とは6歳に達する日以後の最初の41日以後を、義務教育就学前とは6歳に達する日以後の最初の331日以前をいいます。

HOME > こんなときどうする? > 1.病気・ケガ > ページTOP

   Copyright (c) 2005 関西文紙情報産業健康保険組合 All rights reserved.